どっちがお得?”ICカード”と”きっぷ”【けんの鉄道お得テク】

2020年7月17日金曜日

お得 けん 鉄道


どうも。
男飲み編集部のけんです。

この記事を見てる皆さんのうち、
特に首都圏という地域の方々は
当たり前のように”Suica”とか”PASMO”など
ICカードを使ってますよね?
むしろ、きっぷなんて使わなくていいんじゃない?
って思ってる方もいるかも。

でも、そんなことはありません。
どっちもあると便利なんです。
今日はそんな話をします。

よく聞く質問で、
「結局、どっちがお得なの?」
というのがあります。


やはり、損得で決めるのが一番わかりやすい!

それでは、教えましょう。


結論、
使い方によります!

という話です。
これについて解説していきます。

鉄道利用に関して限定すると、ポイントは2つです。
  1. 近場を使うなら、圧倒的にICカード
  2. 旅行に行くなら、間違いなくきっぷ

  1. 近場を使うなら、圧倒的にICカード
  • 近場ってどの辺まで?って話になりますよね?
  • 大都市近郊区間というエリアがあります。
  • 東京・大阪・福岡・新潟・仙台の5つのエリアです。
  • このエリア内で移動をする場合、ICカードがお得です。

  • きっぷというのは、買う時に
  • どうやって目的地まで行くかを指定します。
  • 例えば、埼玉県の大宮駅から大阪府の新大阪駅まで行くとき、
  • 大宮から東京まで上野東京ラインを使って、
  • 東京駅から東海道新幹線を使って新大阪までといった感じです。
  • ただこれには弱点というか不便な点があって、
  • 特に首都圏のような鉄道路線がたくさんあるような地域では、
  • 目的地まで行くのに様々なルートが存在するため、
  • それをいちいち指定して買っていたら
  • 利便性に欠ける、わかりにくいということになりました。

  • そのため、大都市近郊区間というエリア内では、

  • ”実際に乗車した経路に関わらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車できる”

  • ことになっています。
  • これはICカードも同様です。
  • きっぷをわざわざ券売機で買うくらいなら、
  • 自動で最短経路を計算してくれるICカードのほうが便利です。
  • さらに、消費税増税でICカード運賃というものも存在しているので、
  • それを加味してもICカードのほうがお得かなと思います。

  1. 旅行に行くなら、間違いなくきっぷ
  • どこからが旅行なんだという話があります。
  • わかりやすい基準としては、
  • 先程からも出ている大都市近郊区間を出るような距離です。
  • (大都市近郊区間内でもいろいろと特例がありますが、今回は省きます。)
  • 旅行の際にお得というのは、
  • ズバリ
  • "途中下車"
  • です。
  • 途中下車しないよって方もいると思いますが、これは考え方の話でもあります。

  • 例えば、東京駅から静岡県の熱海駅まで行き、
  • 1日観光して、次の日に愛知県の名古屋駅に行くとします。

  • ICカードの場合、熱海駅で一回精算をした上で、
  • 熱海駅から名古屋駅までをさらに精算することになります。
  • 東京駅から熱海駅は1980円。
  • 熱海駅から名古屋駅は4840円。
  • 合計で6820円です。(新幹線等の金額は除きます。)

  • きっぷの場合、片道100キロ以上のきっぷは原則途中下車ができます。
  • 途中下車というのは、
  • “きっぷの有効期限内であれば、経路を戻ることがなければ、改札の外に一旦出ることができる制度”
  • です。
  • 東京から名古屋は片道100キロ以上ですので、
  • もちろん途中下車ができます。
  • 東京駅から名古屋駅は6380円。
  • このきっぷで熱海駅で一旦降りることができます。
  • 金額についても熱海駅で一旦精算するよりお得になります。

このように、どちらが絶対お得という話ではありません。
上手く使ったもん勝ちということです。

ぜひ、皆さんも上手く使ってください!


以上、けんでした。

QooQ