シャープのホットクックと象印の煮込み自慢を買って使ってみた

2020年7月16日木曜日

たか 男飲み所感部屋

みなさんこんにちは
男飲みスーパーライフハッカーTAKAです。

突然ですが

ライフハック

してますか?
今回は家事について時短の術をご紹介します。

家事に費やす1日の平均時間は175分。
中でも、「最も時間がかかる家事」の問いに最も多くの声を集めたのは、“料理の支度と掃除”だそうです。
※オイシックス調べ
専業主婦に限らず一人暮らしでも家事は面倒だと感じる人が多いと思います。

じゃあどうするの?

減らしましょう。料理を楽チンにしましょう。

そこで僕が紹介するのは家電や便利グッズです。
今回はタイトルにもある ホットクックvs煮込み自慢 という形でご紹介します。

どういう製品か

そもそもこのホットクックと煮込み自慢、いったい何かと申しますと一見すると炊飯器なのですが、実のところ煮込み、炒め、蒸し等の調理が出来る電気調理鍋です。
ホットクック
煮込み自慢
利点としては火加減を自動で調整され、調理している間放置できることが一番かと思います。
食材を突っ込んで仕事や他の家事をしている間に完成します。洗い物も限られるし非常に楽です。

使った所感

実のところ使ってみるまでは半信半疑なところもありました。洗うのが面倒だったり、料理のレパートリーが少なかったりするんじゃないかと。あとは普通に料理作るのとそんなに変わらないんじゃないか、とか。
そういう人は買ってみると人生変わります。
こんなに楽だったのか!!と。一緒に楽チンしましょう。

二つの違い

ホットクックの独自機能
いくつかあるのですが、大きな違いはやはり"混ぜ技ユニット"でしょう。ホットクックには混ぜ技ユニットがついており、調理中にかき混ぜてくれます。

非常に分かりやすい混ざっている図

このかき混ぜが、特に炒め調理で活きてきますのでその点はホットクックに軍配が上がります。
またホットクックはIoTに対応しており、SHARPのアプリCOCOROKITCHENを使って最新のメニューをダウンロードすることが出来ます!普通だとなかなか出来ないですよね。
またとてもよく喋ります。数十分経過すると忘れたころに「加熱していますよー。」とか調理開始すると「美味しく出来ますように。」とか。まあこれは消すこともできます。我が家は付けていますが。

煮込み自慢の独自機能
こちらは圧力鍋にもなっており、加圧しながら煮込むことが可能です。(なおオススメはちょっと……。)
それからホットクックと比べて安いです。

結論買うならどっち?

お察しの通りオススメはホットクックです。レシピも美味しいものが揃っていますし、上の写真は実はSHARPが販売している冷凍の加工済みのミールキットなんです。


このようなものがあるので楽しく使えます。

煮込み自慢は現在炊飯器の扱いを受けています。

物は試し

まずは買ってみて欲しい!今回の新型コロナ騒動で在宅ワークに切り替わった人も多いのではないでしょうか。
家でお昼ご飯を用意する時に時間がかかってませんか?かといって朝や昨夜の食事と同じものというのもうーん、という人にも是非検討いただきたい。
今後ホットクックのレシピ等紹介できればと思っています!

レッツライフハック!


QooQ