【ギアレビュー】超軽量!「インディアンハンガー」ミニマルワークス【OTOKONOMIキャンプ部】

2020年10月11日日曜日

キャンプ にどね

ソロキャンプや徒歩キャンプをいつかしたいにどねです。

キャンパーにとってはいかにギアをコンパクトにまとめつつ、
機能性を最大化するかは永遠の課題ですね…。

特にテーブルがコンパクトな場合は
飲み物とまな板を追いたらもう置けないなんてことも。

そんな悩める軽量キャンパー向けにぴったりな

  • コンパクト
  • 軽い
  • 機能性抜群

なハンガーラック、
ミニマルワークス製インディアンハンガーを紹介します!

目次

キャンプにハンガーラックを持っていく理由



ある日の私のキャンプサイトですが、
写真左手にある小物をたくさん掛けているのがハンガーラックです。

そもそも、キャンプにハンガーラック持っていく必要ある?
という方もいらっしゃるとおもいますが、
私は毎回キャンプに持っていくくらい愛用しています!

その理由は、
  1. ほとんどの小物キャンプギアは「掛けられる」
  2. どこになにがあるか一目で分かる
  3. 小物ギアをすぐにまとめて移動できる
  4. 洗ったシェラカップやクッカーを干せる
の4つです。

まず、自分のキャンプギアを眺めてみましょう。

クッカーやメスティン、シェラカップ、ナイフ、炭バサミなどなど、
キャンプに持っていく小物ギアの多くは
「掛けられる」ように
取っ手に穴が空いていたり紐が通してあったりしませんか?

ケースにしている袋も巾着袋なら掛けられます。
そう考えてみるとハンガーに掛けて収納するのは、
ほとんど多くの小物ギアで可能なのです。

そして、一つのラックに掛けておくことで、
見た瞬間どこに何が掛かっているのか分かり探す手間が省けます。

さらに、
急な雨などでテントの前室に移動させたいときはラックごと移動できますし、
置かずに掛けることで濡れたものを干すことができます。

「置く」ではなく、「掛ける」ことでいろいろなメリットがあるのです!

軽さとコンパクトさを求めるならミニマルワークス!

ここからは、私が実際に購入した
ミニマルワークス(MINIMAL WORKS)さんの
インディアンハンガー Mサイズのレビューです。

新進気鋭の韓国発アウドドアブランド「MINIMAL WORKS」

最近YouTubeやアウドドア系情報サイトで取り上げられつつある
MNIMAL WORKS(ミニマルワークス)。

テントからシュラフ、テーブル、焚き火台まで、
とても洗練されつつも機能性高いギアをたくさん発表されています。

国内の販路があまり大きくなく、実店舗で見つけるのは難しいですが、
UNBYさんのオンラインストアで取り扱いがあります。

4サイズ展開のインディアンハンガー

ミニマルワークスのインディアンハンガーは4サイズ展開です。
私はMサイズを購入しました。
サイズ
XL
L
M
S
使用時 W x H
101cm x 143cm
99cm x 110cm
66cm x 75cm
52cm x 44cm
収納時 H x D
48cm x 8cm
44cm x 8cm
42cm x 6cm
30cm x 4cm
重量
1080g
840g
550g
230g

上着を掛けたりするにはXLサイズが必要かもしれません。
シェラカップや小物を掛ける方はM~Lサイズあたりがいいかもです。
極限まで軽量化を求める方はSサイズでしょうか…!

私はカメラを掛けても地面に当たらない高さを基準に決めました。
掛けたいものに応じてサイズを検討するとよさそうです。

S字フックは買っておこう

ミニマルワークスさんもインディアンハンガー専用のフックを販売していますが、
私は100均で買える黒色でアンティーク加工の入ったS字フックを使っています。

黒っぽかったりアンティーク加工されているS字フックのほうが、
黒色のインディアンハンガーに合いますし無骨な感じが出ておすすめです。

雰囲気そこまで気にしなければS字フックであればなんでも大丈夫です!

収納時サイズが本当にすごい!

このインディアンハンガーの一番の魅力はコンパクトさです。
Mサイズなら収納時は42cm x 6 cm。

バックパックの隙間にスッとさせてしまうサイズです。
これなら、とりあえず持っていってもいいかなと思わせてくれますね。

組み立てはワイヤーに沿ってポールをはめるだけ

インディアンハンガーはポールの中にワイヤーが通っており、
Helinoxのチェア同様にカチャカチャっと簡単にポールをはめられます。

ワイヤーのおかげで組み立てを間違えることが無く、
どんな状況でも素早く組み上がるので、とても便利です。

気になるポイント

軽量すぎて逆に心配になるケースはあります。
  • 強い風が吹いたときちょっと心配
  • ぶつかったり足を引っ掛けたときに倒れそう
とはいえ、軽量を求めているのでこの辺の物理性能は致し方なしです。
もう5回くらい使ってますが実際に倒れたことは無いので杞憂かも?


ハンガーラック、本当に一度使うと便利さの虜になるので、
ぜひとも一度は試してほしいキャンプギアです!

QooQ