【軽い!便利!高性能!】Macbook Pro のススメ【ストレスフリーなノートPC】

2020年10月13日火曜日

けん 男飲み所感部屋

おはようございます。
朝5時から朝活中。

どうも、男飲み編集部けんです。
今日は今使っているノートパソコンについての記事です。

Macbook Pro 2019

今年10万円の特別定額給付金がもらえたので、奮発して買いました。
最新モデルは2020年モデルですが、僕は2019年モデルにしました。
サイズは13.3インチです。

2020年モデルとほぼ変わらない

上位モデル(購入時カスタマイズできる)に関しては、
  • 搭載できるSSDの容量
  • メモリの最大容量
  • CPUのプロセッサー
  • USB-typeCのポート数
など変更点がありますが、あくまでよりお金をかけた上位モデル。
僕はコスパ重視で選んだのでそんなに関係ありませんでした。

中古で良いものを買いたかった

Macbook Proはどうしても値段が高いのがネックです。
コスト面をやはり考えて、新品にこだわる必要もなかったので、上手く探して良いものを手に入れようと中古を狙いました。
現行の2020年モデルより1年前のモデルの方が、やはり値段は下がります。
ただ中古の最大のデメリットは
カスタマイズ品を探すのが難しい
ということ。
僕はメモリ16GB搭載品にこだわったので、ちょっと手間かかりました。

ちなみに、中古商品を探すなら
  • じゃんぱら
  • ソフマップ
  • Macbook 整備済製品
  • メルカリ、ラクマ
などがオススメです。
特に「Macbook 整備済製品」は初期不良で返品交換されたモノを再整備しなおして、販売しています。ほぼ新品なのに、中古扱いで安くなっていますのでお得です!

中古商品を買うときは、バッテリー状態がとても重要です。
Mac では、
optionキーを押しながらデスクトップのリンゴマークを選択する
→システム状態→電源からバッテリー状態を見ることができます。
  • 充放電回数
  • 充電状態
を確認することをオススメします。

買うなら "Pro" が欲しかった

値段を重視するなら「Macbook Air」の方が良いと思います。
Proより軽く、最近のモデルは性能面でもどんどん良くなっています。
しかし、コストを考えても僕は「Macbook Pro」にこだわりました。
僕は個人的に画像編集や動画編集の勉強もしているので、
性能面でのストレスを感じたくありませんでした。
メモリ16GB搭載品にこだわっているのもこれが理由です。
いつでも、どこでも、ゴリゴリPCを使い倒すなら、
間違いなく「Pro」です。

いざ、購入。そして、開封と使用感

ネットやらPCショップを何軒かリサーチして、
僕はじゃんぱら新宿店で購入しました。
メモリ16GBで買うことができましたが、搭載SSDは128GBになってしまいました。
普通に使うには十分ですが、動画編集や画像編集をしていくとなると心配です。
今は外付けSSDも安くなっているので購入を検討してます。

Macbook Proの外箱
実にシンプルな箱

Macbook Pro 本体
林檎マークがカッコイイ

Macbook Pro 付属品
付属品も充電器と簡単な説明書のみ

購入してから1ヶ月以上経ってますが、なんで今まで買わなかったんだろうと後悔するくらい使いやすいです。
重さは1370グラムと軽く、普段愛用のリュックに入れていても全然苦にはなりません。
レザーケースを別で購入して収納してますが、ケースを含めてもさすがの軽さです。


編集系ソフトを入れて作業もしてますが、カクツキもなくストレスフリーです。
もはやほとんどの作業はMacbook Proで良くなりました笑

結論、買ってよかった!!

ずっと買おうか悩んでいましたが、今回買って本当に良かったです。
Windowユーザーの人には初めは少し使いづらいこともあると思いますが、それは使ってるうちに慣れます。
どっちが使いやすいというよりどっちも使えるようになります。
ぜひ、皆さんにもオススメしたい商品です。

僕は現在、
  • iPhone8
  • iPad Pro 10.5インチ
  • Apple Watch 4
  • AirPods
  • Macbook Pro 2019
とApple製品をかなり使っています笑
林檎信者というわけではないのですが、データの同期や共有も簡単なので、とても便利です。
しかも使ってるとちょっとおしゃれ感も出ます。

他のApple製品のレビュー記事も今後書ければと思ってます。

以上、けんでした。

QooQ