【ギアレビュー】万能選手!「タトンカタープ 3TC」の使い勝手【OTOKONOMIキャンプ部】

2020年10月15日木曜日

キャンプ にどね

タープって絶対なきゃいけないギアですか?

はい。そうです。

とある日のキャンプで、
昼間めちゃめちゃ日差しが強くて熱中症になりかけ、
その夜に強めの雨が降って焚き火が鎮火するという散々なキャンプをやりました。

その時は前室の広いステイシーネストでしたが、
日差しはすごい通って来るし、風が少し吹けば雨が吹き込んできて
それはもう大変な目に遭いました…

前室広いテントでもタープは要ります!
前室広いテントでもタープは要ります!

大切なことなので二回言いました。

まあ日差しが強くない季節の晴れの日キャンプならまだしも、
雨降りそうだなあというときはあったほうが安心です。

日陰も作れて雨でも焚き火ができるポリコットンタープ

さっきの私のシチュエーションではタープは2つの働きがあります
  1. 日陰をつくる
  2. 雨からギアや焚き火、自分自身を守る

ポリコットン素材なら、両方とも達成できます。

ポリコットンタープ、最近ではテンマクデザインさんやDODさんなどからも出ていますが、
私はタトンカタープ3TCをチョイスしました。

  • 使いやすい正方形
  • おしゃれなベージュ色

が特徴です。
396x396cmですので、ソロ~デュオキャンパーなら丁度いいサイズ感です。
ポールを4本使えば3, 4人でも団らんできそうですね。

焚き火に関しては防炎レベルですが、
小さい火の粉なら気になるような穴はあきませんでした。

タトンカタープ3TCと一緒に使うポールとロープ

実はタトンカタープはポールが付属していません。
そして、付属のロープはちょっと心もとない感じですので、
良いものを買ったほうがいいです。

全部いっしょになっている方が良いという人もいると思いますが、
私は、自分のテントに合わせてポールを赤色にチョイスしたりできるので、
付属してなくても良いかなと思ったりします。

私がよく一緒に使っているポールとロープを紹介します。

ポール: スノーピーク ウィングポール 240cm


ポールはスノーピークのウィングポールです。
240cmくらいが高さ的にもちょうど良いと思います。

ogawaのステイシーネストと一緒に使うことが多いので、
テントのアクセントカラーの赤で揃えています!

ロープ: スノーピーク ロープセットPro ヘキサ

ロープもスノーピークのロープセットを使っています。
とりあえずこれだけ買っておけば設営できてしまうので、楽ちんです。

自在付ロープ( 二又用10m×2、4m×2、3m×2)なので、
長さの調節も簡単です!

小川張りもできるぜ!

私はこのタトンカタープ3TC、ステイシーネストとともに小川張りすることが多いです。
適当な小川張り用ロープと一緒に使えば、テントの前室をいい感じに配置できます。



タープまだ買ってない!という方は
晴れも雨も行ける万能ポリコットンタープを検討してみてくださいね。

QooQ