8ヶ月テレワークしてたら腰痛持ちになりかけたからセイルチェア買った話

2020年12月10日木曜日

にどね 男飲み所感部屋

テレワーク 腰の痛みで 思い知る 会社のイスの 値段の高さ

にどねです。57577。
この前もテレワークネタで記事書きましたけど、
今日もテレワークのために私財をつぎ込む話。

ちゃんと数えてみたらもう8ヶ月もテレワークしてるんですよ。

2ヶ月に一回くらいは出社してますけど、
もうほぼほぼ自宅がオフィスです。
IT系とか対人業務がない人は結構こんな感じの人多いんじゃないかな。


最初は元々家にあった
ニ○リで現品限りで激安だったチェアを
これで十分やと思って使っていたわけですが、
最近しばらくイスに座ってから
腰にピリピリと痛みを感じるようになったんですね

どうみても姿勢が悪いことが原因の
腰痛ですありがとうございました。

私はだいたいどんなイスでも数時間は普通に座れちゃうんで、
今までのイスの価値ってあんまり考えてなかったんですが、
とくよく考えたら、
仕事してる時間 + 趣味でPC・ゲームしてる時間だけ座ってるんですよ
当時は合計時間12時間でした。Apexやりすぎ。

で、この際いいもの買ってオジサンになるまで使ったろ
と思って一念発起して買っちゃいました
ハーマンミラー社のセイルチェア




Amazonで税込み10マン弱…。
いいのいいの、10年使ったら年額1万円だし月額800円とかだから。
ちなみに、ちゃんと販売者がAmazonだったら12年保証がつきます。

やっぱ10年使って月額800円のサブスクだ…


ハーマンミラーといえば、20万円くらいする
アーロンチェアがめっちゃ有名ですが、
こちらのセイルチェアも負けず劣らずいい座り心地です。

背面がメッシュだからTシャツの背中に汗じみできないし、
それでいて座面はクッションなのでしっかり座れます。

この辺、座面メッシュがいいかどうかは好みが別れるところ。
(寒がりなので、クッションにしてしまった)


背中の部分はふにゃふにゃじゃなくて
しっかり腰から背骨を支えてくれますし、
ゲーミングチェアのようにハイバックじゃないので、
家においていてもいかつさは控えめです。

値段言わないと高級チェアだと思わないかも…?
個人的にはエルゴヒューマンのようにいかにもじゃないデザインが好き。


それでも10万円するイスだけあって、
座面位置や肘掛けの高さや角度、
リクライニングのON・OFF、リクライニングの硬さは
ちゃーんと細かく調整できます。

最初どれがどれなのか覚えるのに時間かかっちゃうけど。。



あと、面白いのは「前傾チルト」という機能。
普通のイスは後ろへ倒れるリクライニングが一般的ですが、
セイルチェアは座面の角度を少しだけ前傾させるモードがあります。

これによって、
机に向かって何か書物をしたり、資料を読んだり、
はんだ付けをしたり(オタクには重要!)、
する姿勢が楽になります。

背中をあまり丸めずに机に向かえるんですね。
地味ですけど、使うときは本当に便利です。


かれこれ一ヶ月くらい使っていますが、
特にここ1, 2週間は長時間仕事をしたあとの身体は
そこまで痛くなっていない感じがしています。

腰も少し楽になっているんですが、
何よりも肘当てによってタイピング時の腕が楽になりましたね。
絶対アジャスタブルアームレスト付きのイスにしたほうがいいです。

おうちワークが多い方はこれを機に是非いいイスで生産性を上げてみてはいかがでしょうか。

QooQ