にどねのヘビロテ - 2021年4月号

2021年4月1日木曜日

にどね 音楽

にどねが5曲紹介するだけ。

春は名曲の季節

春ですね。出会いもあり、新天地へ飛び立つ季節でもあるわけですが、
音楽もたくさんの新しい曲との出会いの季節になりそうです。

卒業式だったり、桜だったり、曲にしやすい題材が多いこともあると思います。
夏と春もすごい季節感あるイベントが多いので、こちらも曲が多いですよね。


秋は…?紅葉か?食欲の秋ぞ?スポーツの秋ぞ?曲は無いんか…?
9月10月11月の本コーナーに備えて秋の名曲を是非お知らせください。まじで。

さてさて、最近いい曲のリリースも多いので、
新しめの曲で5曲取り揃えさせていただきました。

年度も変わりますし、リフレッシュな気持ちでかけられそうな曲も多いです!

緑酒 ―東京事変

東京事変から新しいデジタルシングルが出ました!最高!
相変わらずオトナなお上品なロックです。少しお上品に紹介します。

緑酒って言葉の意味、ご存知ですか?
緑色のお酒のことだそうですが、美酒のたとえとして使われる言葉らしいです。
お酒の色自体が緑色なんてことは無いと思うのですが、
何の緑なんでしょうね…。
ひょっとして翡翠や碧の超高級酒器にでも入れていたのかも…?
澄んだお酒なら酒器の色がキラキラと輝きそうですね。


ちなみに、「紅灯緑酒」という熟語がありまして、
紅灯 = きらびやかな灯り
緑酒 = 美酒
ということで、とても贅沢で華やかな宴会を意味するそうです。
赤と緑なんて、まるでクリスマス…。東も西も楽しい時間は赤と緑という感性なのか。

昨今の大変な情勢が落ち着いて
みんなで桜の木の下で紅灯緑酒できる日が早くくるといいですね。


曲自体は、「ワールドビジネスサテライト」の新テーマソングになっていて、
番組のために書き下ろされたものだそうです。にどねもめっちゃ観てます。

歌詞にも番組をかなり意識した、日本の今を表した詞になっています。
一回読んでみてほしいなあ。林檎女史の想いが大変につまっております。

春にふられて (feat. クボタカイ) ―Rin音

新進気鋭のにどねイチオシラッパーです。
「snow jam」がつい先日ストリーミングで1億回再生達成したらしいです。
日々の情景がとってもエモいラップになっていて胸がきゅーってなりますね。

先月紹介したクボタカイさんとのコラボ曲です。
『幸せになれたらいいね 皮肉混じりに押す「いいね」』
SNSで同じ経験した人!手上げて!はい!ってなる感じの切なエモラップです。
(元カノのインスタはあんまり見に行っちゃダメだぞ)

一寸の赤 ―yama

「春を告げる」で一躍有名シンガーになったyamaさんの新曲です。
セブンイレブンが公開しているwebアニメーション
「レインボーファインダー」の最終話で使われている楽曲でもあります。

ちなみに、「レインボーファインダー」も良きです。
声優陣が豪華すぎてびっくりです。こちらもぜひ。


春の切ない感じの歌詞になっております。
yamaさんの歌唱に両耳が包まれる良曲です。

スーパーガール ―あいみょん

Amazon Music で先行配信されていたこの曲、
ついに他の大手ストリーミングサイトでも解禁になりました。

ここまで紹介してきた楽曲の愛のカタチとはまたちがった男女の歌。
イントロのシンセのフレーズめっちゃ好きですね、この時点でリピ確。

音自体の雰囲気は「愛を伝えたいだとか」にも似た印象ですが、
くぐもった音と怠惰な歌詞がマッチして違った良さがあります。

Take a picture ―NiziU

NiziUの新曲。ノリノリなチューンです!

MVが夜の遊園地できらびやかなのがいいですね、
ダンスもキレキレでカッコいいNiziUが出まくってます。


私はNiziUは4割くらいリマ(Zeebraの娘)のラップパートを
楽しみに聞いてるんですけど今回もめちゃくちゃカッコいいですね。
ダンスに注目してる人は是非ラップパートもじっくり聴いてみてください!

マジでラップの遺伝子ってあるのだろうか…。

QooQ