ぜひ使ってほしい!”東京メトロ24時間券”【けんの鉄道お得テク】

2020年7月9日木曜日

お得 けん 鉄道


どうも。
男飲み編集部けんです。

コロナウィルスによる緊急事態宣言が解除されて、
少しずつ経済が回っていきそうな予感がしますね。

今日は、特に都内の移動に断然お得なきっぷをご紹介。

東京メトロ24時間券

東京メトロ24時間券
きっぷの券面


結論

画期的な乗り放題きっぷです!

今までの乗り放題きっぷの常識といえば、
“1日乗り放題”というのが当たり前でした。

いやいや、24時間と書き方違うだけでしょ?
何言ってんですか?って思った皆さん、
それは簡単に考えすぎですよ。

1日乗り放題というは、あくまで有効期限が1日ということ。
これは、日中いつ利用を開始したとしても、
あくまでその日のうちしか使えないということです。

例えば、6月3日の昼の12時から使っても、朝の6時から使っても
6月3日のうちしか使えません。

午後から使うとかなると少しもったいない気もしますよね。


これを改善したのが、”東京メトロ24時間券”です!

このきっぷ、なんと使った時間から24時間使えるきっぷです。

さっきの例で考えると、6月3日の昼の12時から使ったら、
24時間後の6月4日の昼の12時まで使えます。

朝の6時から使ったら、翌朝の6時まで使えます。

それにこのきっぷ、乗るときの時間が基準です。

つまり、
乗ったときが有効期限内であれば、
降りるときは過ぎていても大丈夫!!

土曜日に使って、日曜日の朝も出かけるときに使えたりするのです。
使い方の幅が格段に拡がりますよね?


しかも、もっと驚くべきはその値段。

なんと、

600円!!



これは破格の安さです。

使えるエリアは、東京メトロ線内全線。
東京メトロは、JRの駅も網羅してるので、
都内の移動に不便はないでしょう。

これだけ便利ですが、注意すべき点が2点。

  1. 東京メトロの駅でしか買えない
  2. 都営地下鉄は使えない

1はもちろんのことですが、東京メトロの駅でしか買うことはできません。
しかし、券売機で買うことができるきっぷなので、
わざわざ窓口に行く必要もないので、そんなに不便ではないでしょう。

2が特に間違えがちです。
同じ地下鉄ではありますが、都営地下鉄では使えませんので要注意!

注意点はあるものの、
東京メトロの初乗り運賃は170円なので、
4回の乗り降りですでにお得という破格設定。
しかも、24時間使えますからね。

ぜひぜひ、有効活用してお出かけを楽しんでください。

以上、けんでした。

QooQ