ぼくのかんがえたさいきょうの油そばを作る!【にどねのお取り寄せ】

2020年7月3日金曜日

にどね 男飲みグルメ 男飲みレシピ


在宅勤務が続いてBMIが25にタッチしかけています。にどねです。

高校時代から学食に油そばがあって、大学も武蔵野・西東京エリアだったので、
世の中そこら中に油そばが溢れているんだと割と最近まで思ってました。

私が青春を過ごした武蔵野エリアは知る人ぞ知る油そばの激戦区です。
聖地”珍々亭”やカップ麺でお馴染みの”ぶぶか”など、数々の名店がしのぎを削っています。

しかし、社会人になってからは離れたところに住むようになり、
ずいぶんと疎遠になったしまいました。

そこで、今回は思い出の油そばの味をお取り寄せで再現してみました!
今回は、私の脳内油そばデータベースでもトップクラスの評価を誇る一平ソバです!

高コスパな油そば通販!一平ソバ


東京都小金井市に店を構える一平ソバですが、
近くの東小金井駅からは徒歩15分くらいはかかる立地にも関わらずランチタイムは近くの学生で一杯です。
1杯590円とリーズナブルな上に、一回食べるとやみつきになるタレが本当に美味しい。

通販は以下のサイトから注文できます。
4食入りで税別1,150円…? 

安すぎでは?送料込みでも関東なら2,000円くらいです。良心的すぎるよ!

ぼくがかんがえたさいきょうの油そばを作る

着麺!

注文してクール便にてついに我が家に一平ソバを迎い入れました。
ラードがすごい。絶対美味しい。


作り方はなんと写真付きの説明が同封されています!
同封の紙をなくしてもwebサイトに掲載されています!良心的すぎるよ!

調理開始!

麺をたっぷりのお湯でゆでて…

 
 タレも別途器で温めます。

ラードがみるみると透明になって、きれいなタレがお目見え。
ラードが透明なのでカロリーゼロ。

実食!

油そばって基本はシンプルで、トッピングや調味料で自分好みの油そばにするのが醍醐味ですよね。
私は食べるラー油をガンガンかける派でした。そして後半のマヨでの味変は必須。

と、いうことでお店においてあったトッピングを思い出して最強の油そばを作り上げました。

  • すりおろしにんにく
  • チャーシュー
  • マヨネーズ
  • 鰹節(お店では魚粉だった気がする)
  • 七味唐辛子(お店では食べるラー油)
  • もやし&ほうれん草炒め(二郎インスパイア)



チャーシューの枚数に欲深さがよく現れてしまっていますが、
これぞドリーム・オイル・ヌードルです。

ちなみに、たかの奥さんには「デブの志願兵の油そば」って揶揄されたらしいです。あながち間違ってない。

実際に食べてみると、あのタレの匂いが鼻に抜けてたちまち家が店内のような雰囲気に変わります。

もちろん、麺もバッチリお店の味。5分半くらい茹でましたがちょうどいい歯ごたえでした。

やっぱりチャーシューはマストですね。
次はメンマと食べるラー油を買っておきたいと思いました。

まとめ

久しくお店に行けていませんでしたが、お取り寄せで名店の麺とタレを堪能しました!

やっぱり油そばいいですね。あんなにラードが入っているとは思えないほどの食べやすさです。
トッピングでさいきょうの油そばを追求する楽しさも存分にあると思います!

お店の味とトッピングを忠実に再現するもよし、お店とはふた味違うマイ油そばを作るもよしです。

みなさんもぜひお取り寄せならではの楽しみ方でおうちグルメ堪能しましょ~!

QooQ