レンタルキャンプのために最初に買ったギア5つ【OTOKONOMIキャンプ部】

2020年8月28日金曜日

キャンプ にどね 男飲み所感部屋

にどねです。
「ここをキャンプ地とする!」って一回は言ってみたい。

OTOKONOMI編集部みんなでキャンプへ行こうという話になりまして、
まずはテントやタープ、テーブルなど大きなモノはレンタルで行くことにしました。

YouTubeにも動画を上げたので、ぜひチェックしてみてください!

初めてのキャンプなら大きなモノはレンタルが◎

最初からキャンプギアにお金かけちゃうのは気が引けますしね、
レンタルキャンプなら車に積む荷物も少ないですしカジュアルにいけます。

最近は「手ぶらキャンプ」なる全部キャンプ場が用意してくれるプランもあるとか。
今回行くことにしたキャンプ場は
  • テント
  • タープ
  • テーブル
  • イス
  • 焚き火台
  • グリルセット(火ばさみ、アミ)
がレンタルできたので、
その他必要そうなものを揃えてみることにしました。

まず揃えたキャンプギア5つ

と、いうことで早速mont-bell恵比寿店さんに行ってきました。
1階はアウトドア向けの服装、2階にギアがところ狭しと並べられています。
見ているだけでキャンプに来た気分になっちゃいます。

調理グッズは汎用性高し!

まず揃えようと思ったのは調理グッズです。

もちろん自宅にあるフライパンや鍋でもいいのですが、
薪や炭火の火で調理する場合を考えると、
煤がついてしまうのでアウトドア用に購入しました。

クッカー: mont-bell アルパインクッカー16


4人のキャンプでもお米が炊けたり汁物が作れるようにと
鍋底16cmのものを選びました。

取っ手と蓋がシリコン製なので、加熱しても持ちやすいですね!
こういう細かい使い勝手がポイント高いです。

フライパン: mont-bell アルパインフライパン16


フライパンもクッカーと同じシリーズのものです。

少し深さがあるので、
ソースを絡める系のパスタなどの料理も問題なくできそう。

実はこれ、先程のクッカーとスタッキングできてしまいます!
荷物がコンパクトになるので、これは便利ですね。

バーナー: SOTO ST-310


お米などは焚き火で炊く難易度がとても高いので、
バーナーも購入しました!

ST-310はとてもコンパクトで16cmのクッカーに余裕で入るサイズ。
スーパーで売ってるガスボンベが使えるのが嬉しいです

バーナーシート: UNIFLAME バーナーシート大


レンタルするテーブルが耐熱なのかわからないので、
念の為にバーナーシートを購入しました。

加熱した鍋などを置けるようにやや大きめのサイズです。
これならテーブル選ばずバーナーを使えるので安心です。

コンパクトな自分用イスを用意すると作業しやすい

実は今回のレンタルキャンプ、イスもレンタルに入っていますが、
大きめのアウトドアチェアのようなので、
焚き火台前などで作業するようにイスも用意しました。

イス: Helinox サンセットチェア



超定番ブランドHelinoxのやや大きめのチェアを購入。
同ブランドのチェアワンなどがコンパクトですが、
  • ヘッドレストがあるかどうか
  • 作業用に立ち座りしやすい高さか
  • そのまま座って寝れるか
を基準に考えた結果サンセットチェアになりました。

ヘッドレストは本当に快適です!
ぼーっと自然を眺めるにはこれ以上ないチェアだと思います。

キャンプ道具は選ぶ時間も楽しい

mont-bellさんでギアを選んでる間は、
子供のころにおもちゃ選ぶみたいな気持ちになってました。笑

こんなにキャンプ道具に夢があるとは…
これは沼に嵌りそうな予感がします。

というわけでいよいよOTOKONOMIキャンプ部始動です!
引き続きアウトドア記事を上げていくので宜しくお願いします!

QooQ