【Netflix】笑って恋するパリ生活 「エミリー、パリへ行く」【にどねシネマ】

2020年10月27日火曜日

にどね 男飲み映画レビュー

にどねシネマと言っておきながら、ドラマ作品です。

今回は素敵なパリの景色を存分に楽しみながらも、
めちゃめちゃ笑えてヤキモキするようなラブストーリーな
Netflixオリジナルシリーズ「エミリー、パリへ行く」です。

異文化恋愛コメディ?

シカゴでバリバリ働くエミリー(リリー・コリンズ)が、
上司の代打でフランス・パリへ赴任することに。

パリへの憧れだけはバッチリ。
フランス語なんて全然しゃべれないけど、
気持ちでなんとかなるっしょと意気込んでパリへ行ったものの、
異文化を理解せずアメリカ式の働き方を押し付けるエミリーに、
同僚からの信頼は得られませんでした。

それでもめげずに、パリで友人や恋人(?)を作りながら、
パリを満喫していく恋愛系コメディです。

キレイなパリと今風の演出が楽しめる

今作の魅力はパリの町並みがひたすら美しいというところ。
夜のエッフェル塔、セーヌ川などなど、
なんでパリの町並みはあんなに様になるんでしょうね?

リリー・コリンズとパリの町並みはまさに眼福です…

面白いのは、
ストーリーにも関わるSNSを効果的に使っているところ。

SNSによるマーケティング担当である主人公エミリーは、
インスタグラムを使いこなしていますが、
自分のアカウントでパリの魅力を発信していくという形にすることで、
キレイな景色を思いっきり映像に取り込んでいます。

サクッと見れる構成

海外ドラマって人気になったころには
シーズン数が3以上になることも少なくないです。

しかも1時間モノのドラマだったりするので、
1シーズン12話もしくは24話 x 1時間 x 3シーズンだと
なかなか見始める勇気がでないですよね…

ところが、「エミリー、パリへ行く」は
1話30分で1シーズンのみ計10話です!

その気になっちゃえば1日でイッキ見できちゃいますねー
にどねは2日で見切ってしまいました…

早くシーズン2作ってくれないかな…待ち遠しい…!

QooQ