【ネタバレなし】シン・エヴァンゲリオン劇場版で初めて4DXを体感したら感動したのでオススメしたい話

2021年3月17日水曜日

たか 男飲み映画レビュー 男飲み所感部屋

みなさまこんにちは。たかです。

今回の記事は先日見てきましたシン・エヴァンゲリオン劇場版


こちらに触れるのですが、まだ見ていない人にも感動を伝えて見に行って欲しいのでネタバレは回避して書いております。

やむを得ず触れたい場合は次のように伏せ字にしています。

例) ◯◯が◯の近くの旧◯◯◯の施設で◯◯◯に◯◯を◯◯◯後に◯◯◯になって◯◯シーン

これでバッチリですね。

正直4DXを初めて体感って今更感はあるのですが、まだの人にも是非体感して欲しいです。

そもそも4DXとはなんぞや、という話ですが


こんな感じのやつです。
4DX®とは、現在、映画業界で最も注目を集める、最新の<体感型(4D)>映画上映システムです。
モーションシートが、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に<動き>、その衝撃を再現。
さらに、嵐等のシーンでは<水>が降り、<風>が吹きつけ、雷鳴に劇場全体が<フラッシュ>する他、映画のシーンを感情的に盛り上げる<香り>や、臨場感を演出する<煙り>など、様々なエモーショナルな特殊効果で、≪目で観るだけの映画≫から≪体全体で感じる映画≫の鑑賞へと魅力的に転換致します。
通常のシアターでは得ることができない特殊効果によって、映画の持つ臨場感=魅力を最大限開放することができる、アトラクション・スタイルの映画上映システムです。
まず映画が始まる前に4DXのデモが流れるのですが、その時点でそこそこテンションがブチ上がっていました。

「こんなに揺れるのか…」と感じてワクワクしていたのですが、結構な勢いで水も吹き付けられます。
見ているとみんなの頭の後ろから真上に水がピューピュー出ていて面白いです。

濡れるのが嫌な人はオフにも出来るので安心してください。
濡れても大丈夫!という人もメガネはやめて暖かい格好で行きましょう。

レンズが濡れると見えづらいと思いますし、濡れて風も吹くので寒くなります。
気をつけたいところです。

そんな感じでデモからテンションが上がった状態で本編に入りました。

冒頭の◯◯に◯◯◯が◯◯し、そこを拠点としていた◯◯◯の持っていた◯◯◯◯◯◯を◯◯するために◯◯が◯◯◯を相手に◯◯◯するシーン

最初からバチバチの戦闘シーンで上がったテンションがさらに上がりました。

爆発すると首元に熱い風が吹くんですね…。冷えた体にちょうど良かったです。

この他にも◯◯◯◯の◯に乗って◯◯◯◯を見回るシーン等も臨場感が感じられ良かったです。

◯◯◯の◯◯◯◯◯が◯◯◯◯◯◯◯から攻撃を受けた際は座席の背中に衝撃が走る等、非常に楽しかったです。

ただ終盤の◯◯が◯◯◯後に◯◯◯なシーンの描写でシャボン玉が出てきたのは、出せるから出したろ!という感じでミスマッチだったので少し笑ってしまいましたが、それ以外は概ね大満足でした。

まだエヴァを見ていない方!4DXを体感していない方は是非一度は4DXで!

では



QooQ