【GoToトラベル!】鹿児島県 指宿 「海と砂むし温泉と時々お酒」 後編

2020年10月23日金曜日

にどね 男飲みおでかけ 鉄道

砂むし温泉と黒豚だけが指宿じゃないです!
にどねのGoTo指宿記事の後編です。

前回は指宿の定番的な楽しみ方で心身リフレッシュできる内容でしたが、
今回は学ぶと自然を楽しむをテーマに、
実際ににどねが訪れた指宿のスポットをご紹介します。



目次

「日本の博物館ランキング2019」 第1位の知覧特攻平和会館

薩摩半島に来たら是非行ってほしいのが、
トリップアドバイザーの「日本の博物館ランキング2019」で1位に選ばれた
「知覧特攻平和会館」です。

かつて戦時中に特攻のための拠点の飛行場があった跡地に建てられています。

周辺には当時の建造物の形跡もあり、
身を持って大戦中の知覧の様子をわずかながら感じ取れます。

屋内の展示では、
特攻の犠牲となった方々の遺書や遺品、
当時の生活を知ることができる写真などを多数見ることができます。

その生々しさすらある展示は、
当時の壮絶な状況を物語るには十分過ぎる内容でした。
まさに言葉を失いました。

ゼロ戦の実物も展示されており、間近で見ることができます。

私自身、本や映画など様々な媒体で話を見聞きしてきましたが、
やはり実物の展示でしか感じ取れないリアリティあるメッセージがありました。

一度でも、ぜひ薩摩半島に来たときには訪れてほしい博物館です。

「いぶたま」で指宿の海は堪能

薩摩半島の南端にある指宿。
その海は青く、いつまでも眺められるくらい奇麗です。

そんな指宿の青い海をたっぷり楽しめるのが、
「特急 指宿のたまて箱」です。通称「いぶたま」。
日本最南端の特急列車でもあります。

山側と海側で車両の色がくっきり分かれている特徴的なデザインです。
乗降時には玉手箱の煙に見立てたミストが扉上部からもくもく出ます。
粋な演出…!

車内も木目がたっぷり使われていて、おしゃレトロ感満載です!

いぶたまに乗るならオーシャンビュー席がおすすめ。
青い空と青い海を眺めながら鹿児島中央駅まで移動できちゃいます。

車内販売で指宿温泉サイダーを買ってみました。
木目調の車内で海を眺めながら飲むサイダーは間違いなく美味しい…

薩摩の歴史と自然に触れる旅はいかが?

リラクゼーションな前編から打って変わって、 薩摩の歴史と自然を全身で感じる旅メニューを紹介しました。

今回の記事以外にも指宿・南薩摩の魅力がたくさんあります! ぜひぜひ皆さんが足を運んで発見してみてください。

にどねでした。

QooQ