【Netflix】可愛くてカッコいいワクワク系エンタメ映画「エノーラ・ホームズの事件簿」【にどねシネマ】

2020年10月3日土曜日

にどね 男飲み映画レビュー

前回はコロナ禍の中で映画館で上映することを選んだ作品
「TENET テネット」を紹介しましたが、
今回は映画館ではなくNetflixで配信することを選んだ作品を紹介します!

「ストレンジャー・シングス」のイレブン役で大ブレイクした
ミリー・ボビー・ブラウン主演の「エノーラ・ホームズの事件簿」です!

え、シャーロック・ホームズに妹いたの?

シャーロック・ホームズの妹であるエノーラ・ホームズ。
失踪した母ユードリアを探そうと、母の残した謎を解き、
花嫁学校へ入学させようとする兄弟のシャーロックとマイクロフトからロンドンへ。

「天才探偵から逃げながら、母を探しに行く」が、
ロンドンではもう一つの失踪事件が世を賑わせていて…。

あれ…?
シャーロック・ホームズってお兄さん(マイクロフト)はいたけど、
妹もいたんだ!?ってなりますけど、
ナンシー・スプリンガーがシャーロック・ホームズに
妹がいたという設定を創作した推理小説が原作です。

ミリー・ボビー・ブラウンのアクションが見どころ

ストレンジャー・シングスでは超能力を発揮しまくっていた
主演のミリー・ボビー・ブラウンですが、今回は名探偵の妹として、
列車からの逃走劇や怪しい追手とのアクションを繰り広げます。

アクションめっちゃできるじゃん!
っていうくらいキレイに男の人を投げ飛ばしています。

彼女の演技の新たな一面が垣間見えるのも本作の魅力です。

謎解き要素は控えめなので全年齢向けエンタメ

シャーロック・ホームズといえば、難解な謎解きや推理が面白いですが、
本作は正直推理モノというより、少女のアクション&サクセスストーリーな印象が強いです。

謎解き要素が全く無いわけではないですが、
エノーラがすらすら解いてしまうので視聴者は考える時間もないです。

深く考えずにエノーラの活躍を楽しむエンタメ映画だと思います!

Netflixで配信されているので、契約している人は是非!

QooQ