ホントにやる気でないんだけど、頑張って仕事やらなきゃいけないときに読んでね

2020年11月16日月曜日

にどね 男飲みジョブ 男飲み所感部屋

にどねです。

最近本業が忙しすぎてついに腰が破壊されました。
アラサーになったんだなと実感する瞬間は紛れもなく、
  • 徹夜しようとして寝落ちしたとき
  • 硬い椅子に長時間座って腰に痛みを感じたとき
の2つです。
ハーマンミラーの椅子を今ポチったのでそちらのレビューは今度…。

さてさて。
やっぱり社会人になると、
「締切もあるし仕事相手の方にも迷惑になるから今めっちゃ仕事しなきゃいけないんだけど、やる気が出ん!」
っていうシチュエーション、年に何回かあると思うんですよね。

今日はそんなとき、
にどねはどうやって乗り切ってなんとか生きているかお話します。

1. 本当にそれその締切りまでにやらないと社会が回らないのか考える

たぶん、半分くらいの人は「は?」っていうと思うんですけど、
まず「その仕事、今やらないとまマジでヤバイですか?」って考えてます。

意外と、「あれ?これなんで納期この日なんやろ…」みたいなときあるんですよ。
で、本能が「これはまだやらんでええ!」って言ってやる気出さないんですね。

そういうときは素直に納期の延期や仕事のやりかたを変えてみるといいと思います。

逆に、「やっぱりこれやらないとヤバイ」やつは使命感出てきませんか?
この仕事をやって喜ぶ人の顔を想像してモチベ上げましょう。

2. 環境を変える

いやいや、やらないとヤバイからこの記事読んでるんやって人もいますよね。

気分を変えるのに一番手っ取り早いのは環境を変えることです。
テレワークだったら椅子を変えてみたり、キーボード変えてみたり。。。

現場職でも靴や時計など装備品を変えてみると気分変わると思うんです。
普段から、身につけるものをローテーションできるようにしておくと、
リフレッシュをルーティンに入れられるので、おすすめです。

ちなみに、にどねは朝の目覚めの飲み物を
紅茶、ドリップコーヒ、ポストコーヒー、インスタントスープと
日によって回しています。

これだけでも一日のスタートが前の日と違う感じがします。

3. すごい人のドキュメンタリーでエネルギーチャージ

実はこれが今日の本題です。(前置きが長い)

仕事を本当に今やらないといけなくて、
環境を変えてみてもやる気になれなくて、
という日は来ます。割と2番目までの対策は突破されます。つらい。

そこで、にどねがよくやっているのは
「ドキュメンタリーを見る」
です。

実は以前も、「伝記映画は見るエナドリだ!」というコメントをしていますが、
第一線でトップを走る人の言葉や仕事への姿勢はプロフェッショナルそのもの。

仕事へ対する意識も違えば、
仕事のルーティンも考え抜かれていたり、
業種が近ければ直接参考になって取り入れられる考え方もあるでしょう。

しかし!一番の狙っている効果は、
仕事へ真摯に全力で取り組んでいる様子を見たら、
自分も頑張んなきゃなって気持ちになってくること。

少なくともにどねはそうです。
そういうタイプの人それなりにいるんじゃないかなあー。

(画面を通して)目の前にプロフェッショナルが真剣に仕事してたら、
「あ、俺もやらなきゃな」ってなりません?なってくるって。

ちなみに、にどねは
「情熱大陸」と「プロフェッショナル」を毎週録りためていて、
やる気がピンチのときに永遠に流しています。

それと、日曜日の夜も流しがち。
情熱大陸見てから、「明日から頑張るか」って気持ちを持って寝ます。    

ちなみに、
情熱大陸は放送後1週間MBS動画イズムで見逃し配信しています!
過去作も月額444円で見放題だったりします。

プロフェッショナルは、Amazon Prime ビデオの
NHKオンデマンドチャンネルで一部の過去作品が見放題です!

録画してなくても、サブスクで気軽にネット視聴できますよ〜
やる気が迷子なときはお試しあれ。

QooQ